日銀の新しい金融政策

日銀が新しい金融政策を導入するようです。

既にマイナス金利政策を導入していますが、これによって長期金利が下がりすぎることを抑制するため、金利ターゲットを新たに導入します。

10年もの国債の金利が0%程度になるように、国債買い入れをコントロールします。

国債の投機的売買と、日銀による買い入れ量抑制といった直接的効果に加えて、金融政策の手詰まり感の払拭といった間接的効果もあります。

さらに、国債買い入れ増量中ですが、これを、物価が2%を超える状況が続くようになるまで行うことで、これまた投機的な売買抑制や限界論を払拭しようという試みです。

このところ、日銀政策の公表日には投機的売買が活発化し、日銀は株価対策のため政策を作っていると思われています。

ただでさえ日銀は市場との対話を軽視(サプライズとは、十分な対話が無い状況において、期待を裏切るようなことを行ったため起きている)していますが、どちらかへ舵を切るべき時が来ていると思えます。

短期的利益を求める市場など徹底的に無視するか、市場をなだめて見方に付けつつ、景気回復を探るかです。

メディアごとに極端に論調が違うため、評価するにはまだ時が経っていないため、日銀に対する評価は別れるところですが。